万维百科

朝鲜军 (日本陆军)本文重定向自 駐朝日軍

朝鲜军
第17方面军
Surrender of Japanese Forces in Southern Korea.jpg
战后的美军政厅官员参加第17方面军投降典礼

存在时期1904年3月11日-1945年8月15日 
国家或地区大日本帝国
部门大日本帝国陆军
种类步兵
功能
驻军/总部京城府(今首尔
别称
日语写法
日语原文朝鮮軍
假名ちょうせんぐん
平文式罗马字Chōsen-gun

朝鲜军大日本帝国陆军之一,过去为管辖及驻扎在朝鲜之军队。

概要

前身为日俄战争时期驻留在大韩帝国韩国驻札军明治43年(1910年),随日韩并合名称变更为朝鲜驻札军大正7年(1918年),再编成为朝鲜军。司令部当初设置在汉城内,其后移转到郊外的龙山(战后为驻韩美军龙山基地)。

昭和20年(1945年)2月,战况急迫设置第17方面军且废止朝鲜军,朝鲜军管区的管辖区域为第17方面军司令部兼管辖朝鲜军管区司令部。

朝鲜军人事组织

历代朝鲜军司令官

韩国驻札军司令官

  • 原口兼济中将:明治37年(1904年)3月11日 - 明治37年9月8日
  • 长谷川好道大将:明治37年(1904年)9月8日 - 明治41年12月21日
  • 大久保春野大将:明治41年(1908年)12月21日 - 明治43年10月1日

朝鲜驻札军司令官

  • 大久保春野大将:明治43年(1910年)10月1日 - 明治44年8月18日
  • 上田有泽中将:明治44年(1911年)8月18日 - 明治45年1月14日
  • 安东贞美中将:明治45年(1912年)1月14日 – 大正4年1月25日
  • 井口省吾中将:大正4年(1915年)1月25日 - 大正5年8月18日
  • 秋山好古中将:大正5年(1916年)8月18日 - 大正6年8月6日
  • 松川敏胤中将:大正6年(1917年)8月6日 - 大正7年6月1日

朝鲜军司令官

  • 松川敏胤中将:大正7年(1918年)6月1日 - 大正7年7月24日
  • 宇都宫太郎中将:大正7年(1918年)7月24日 - 大正9年8月16日
  • 大庭二郎中将:大正9年(1920年)8月16日 - 大正11年11月24日
  • 菊池慎之助中将:大正11年(1922年)11月24日 - 大正13年8月20日
  • 铃木庄六中将:大正13年(1924年)8月20日 - 大正15年3月2日
  • 森冈守成大将:大正15年(1926年)3月2日 – 昭和2年3月5日
  • 金谷范三中将:昭和2年(1927年)3月5日 - 昭和4年8月1日
  • 南次郎中将:昭和4年(1929年)8月1日 - 昭和5年12月22日
  • 林铣十郎中将:昭和5年(1930年)12月22日 - 昭和7年5月26日
  • 川岛义之中将:昭和7年(1932年)5月26日 - 昭和9年8月1日
  • 植田谦吉中将:昭和9年(1934年)8月1日 - 昭和10年12月2日
  • 小矶国昭中将:昭和10年(1935年)12月2日 - 昭和13年7月15日
  • 中村孝太郎大将:昭和13年(1938年)7月15日 - 昭和16年7月7日
  • 板垣征四郎大将:昭和16年(1941年)7月7日 – 废止

参谋长

参谋长

  • 斋藤力三郎 :明治37年3月19日 - 明治37年9月23日
  • 大谷喜久藏 少将:明治39年4月8日 - 明治39年6月1日
  • 牟田敬九郎 少将:明治39年6月1日 - 明治41年12月21日
  • 明石元二郎 少将:明治41年12月21日 - 明治43年6月15日(兼韩国驻札宪兵队长)
  • 立花小一郎 少将:大正1年9月28日 - 大正3年4月17日
  • 古海严潮 少将:大正3年4月17日 - 大正5年4月1日
  • 白水淡 少将:大正5年4月1日 - 大正6年8月6日
  • 大野丰四 少将:大正7年11月1日 - 大正10年7月20日
  • 安满钦一 少将:大正10年7月20日 - 大正12年8月6日
  • 林仙之 少将:大正15年3月2日 - 昭和2年8月26日
  • 中村孝太郎 少将:昭和4年8月1日 - 昭和5年12月22日
  • 儿玉友雄 少将:昭和5年12月22日 - 昭和8年8月1日
  • 大串敬吉 少将:昭和8年8月1日 - 昭和10年12月2日
  • 佐枝义重 少将:昭和10年12月2日 - 昭和11年12月3日
  • 久纳诚一 少将:昭和11年12月1日 - 昭和13年3月1日
  • 北野宪造 少将:昭和13年3月1日 - 昭和14年9月7日
  • 加藤钥平 少将:昭和14年9月7日 - 昭和16年3月1日
  • 高桥坦 少将:昭和16年3月1日 - 昭和17年7月9日
  • 井原润次郎 少将:昭和17年7月9日 - 昭和20年2月1日

高级参谋

  • 斋藤季治郎 大佐:明治40年11月13日 - 明治41年4月10日
  • 松田国三 大佐:昭和3年? - 昭和4年12月10日
  • 山口直人 大佐:昭和8年3月18日 - 昭和10年3月15日
  • 大野宣明 大佐:昭和10年3月15日 - 昭和11年8月1日
  • 矶矢伍郎 大佐:昭和16年7月7日 - 昭和17年7月1日

参谋

  • 宇垣一成 少佐:明治38年3月 - 明治38年5月
  • 菊池武夫 大尉:明治38年8月 - 明治38年11月(兵站)
  • 山本鹤一 中佐:大正7年7月24日 - 大正8年12月1日(大正8年4月15日大佐进级)
  • 大冢坚之助 少佐:大正7年顷
  • 小野幸吉 大尉:大正7年顷
  • 山田乙三 大佐:大正15年3月2日 - 昭和2年7月26日
  • 松田国三 中佐:昭和2年? - 昭和3年?
  • 坂田义朗 少佐:昭和2年7月 - 昭和4年12月10日(昭和3年8月中佐进级)
  • 中山蕃 大佐:昭和4年12月10日 - 昭和7年8月8日
  • 西原贯治 中佐:昭和6年5月 - 昭和8年12月
  • 矢野机 大佐:昭和8年3月18日 - 昭和9年3月5日
  • 森田范正 中佐:昭和9年8月1日 - 昭和10年8月1日
  • 三浦忠次郎 中佐:昭和10年8月1日 - 昭和12年8月2日
  • 深堀游龟 少佐:昭和11年3月 - 昭和12年8月(昭和11年8月中佐进级)
  • 内田孝行 大佐:昭和11年8月1日 - 昭和12年11月1日
  • 岩崎民男 中佐:昭和12年8月2日 - 昭和13年9月1日
  • 二见秋三郎 大佐:昭和13年7月 - 昭和15年8月24日
  • 山之内二郎 中佐:昭和14年8月1日 - 昭和16年10月15日(昭和16年3月1日大佐进级)
  • 河越重定 :昭和15年8月27日 - 昭和16年7月7日
  • 土屋治男 中佐:昭和15年9月6日 - 昭和15年10月10日
  • 久保满雄 大佐:昭和17年8月1日 - 昭和19年7月14日
  • 多田督知 中佐:昭和17年8月 - 昭和18年11月30日
  • 清水孝太郎 大佐:昭和18年顷
  • 三原七郎 大佐:昭和18年顷
  • 石桥松茂 中佐:昭和18年顷
  • 松本总志 少佐:昭和18年顷
  • 吉田俊隈 少佐:昭和18年顷

高级副官

  • 山田铁二郎 大佐:昭和10年3月15日 - 昭和12年3月1日
  • 中尾小六 大佐:昭和14年3月9日 - 昭和14年8月31日

副官

  • 松江丰寿 大尉:明治39年8月 - 明治40年10月
  • 平泽安次郎 歩中佐:大正7年顷

兵务部长

  • 仓茂周藏 予少将:昭和16年8月1日 - 昭和18年8月2日
  • 中井传 :昭和18年8月2日 - 昭和20年3月31日

兵务部员

  • 山家 正 大佐:昭和19年8月11日 - 昭和20年8月9日戦死

兵器部长

  • 丸山八束 :昭和19年10月19日 - 昭和20年1月31日

经理部长

  • 日疋信亮 主计监:大正1年9月28日 - 大正3年5月11日
  • 井出治 主计监:大正3年5月11日 - 大正5年8月18日
  • 广瀬正徳 主计监:大正7年顷
  • 木村重行 主计监:大正8年4月23日 - 大正10年7月20日
  • 谷林德太郎 主计监:大正10年7月20日 - 大正12年10月10日
  • 饭冢唯助 主计监:大正14年8月1日 - 昭和3年12月21日
  • 远山道 主计监:昭和3年12月21日 - 昭和5年3月6日
  • 吉桥太一郎 主计监:昭和5年3月6日 - 昭和7年4月11日
  • 千叶郁治 主计监:昭和7年4月11日 - 昭和8年8月1日
  • 奥田德三郎 主计监:昭和8年8月1日 - 昭和9年6月28日
  • 中山二郎:昭和12年8月2日 - 昭和13年7月15日
  • 西原贡 主少将:昭和13年7月15日 - 昭和15年8月1日
  • 栗桥保正:昭和15年8月1日 - 昭和16年3月1日
  • 高木六郎 主少将:昭和18年6月10日 - 昭和19年6月15日

军医部长

  • 藤田嗣章 军医监:明治40年2月24日 - 明治42年3月23日
  • 大西龟次郎 军医监:明治42年3月24日 - 大正3年8月8日
  • 矢岛柳三郎 军医监:大正3年8月8日 - 大正5年4月13日
  • 佐藤恒丸 军医监:大正7年顷
  • 牧田太 :大正11年5月10日 - 大正13年12月15日
  • 秋山錬造 医总监:大正13年12月15日 - 大正15年3月2日
  • 鸟居百三 军医监:大正15年3月2日 - 昭和3年8月10日
  • 三木良英 :昭和12年3月1日 - 昭和12年8月
  • 进藤升 医少将:昭和18年6月10日 - 昭和20年1月29日(昭和19年10月26日进级中将)

兽医部长

  • 林里次 二獣正:大正7年顷

法务部长

大正7年时点“法官部长”

  • 生井耕造 理事[1]:大正7年顷
  • 匂坂春平:大正14年4月30日 - 昭和5年6月20日
  • 大冢操:昭和16年6月16日 - 昭和19年3月22日
  • 高冢宪太郎:昭和19年3月22日 - 昭和20年2月1日

兵站监

军司令部附

  • 林太一郎 少将:明治38年8月21日 - 明治39年1月21日
  • 平松英雄 少佐:大正7年顷
  • 村田信乃 少将:大正8年8月20日 - 大正8年11月25日
  • (兼)岛永太郎 中佐:大正11年8月15日 - 大正14年12月2日(兼职关东军司令部附)(大正12年8月6日进级大佐)
  • 丰嶋房太郎 中佐:昭和6年8月 - 昭和9年3月
  • 加藤钥平 少将:昭和14年8月1日 - 昭和14年9月7日
  • 臼田寛三 大佐:昭和15年1月15日 - 昭和15年1月27日停职
  • 仓茂周藏 少将:昭和15年9月6日 - 昭和15年12月3日
  • 柳川真一 少将:昭和18年8月2日 - 昭和19年1月10日

编制

大正10年(1921年)

关连项目

注释

  1. ^ 高等官五等

参考文献

  • 秦郁彦编‘日本陆海军总合事典’第2版、东京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫编著‘帝国陆军编制总览’芙蓉书房出版、1987年。

外部链接


本页面最后更新于2021-05-29 01:30,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器