万维百科

岛田虔次

岛田虔次(1917年8月12日-2000年3月21日)是一名日本东洋史学者、京都大学名誉教授,自1940年代开始持续研究中国近世、思想史,日后被视为日本中国近世・近代思想史研究的牵引研究者之一[1]

生涯

出生于广岛县三次市,先后就读广岛高等师范学校附属中学校(现・广岛大学附属中学校・高等学校)、广岛县立三次中学校(现广岛县立三次高等学校)、(前中华民国,现中国台湾省)青岛日本中学校,1938年毕业于第三高等学校文科丙类,1941年再毕业于京都帝国大学文学部史学科。

任职于长野县立野泽高等女学校(现长野县野泽南高等学校)后,1943年起担任东方文化研究所(现京都大学人文科学研究所)助手就任。担任东海大学予科教授后,1949年担任京都大学人文科学研究所助教授(东方部)。1969年再担任同大学教授。1975年起转任京都大学文学部教授,讲授东洋史学第3讲座。1981年于京都大学退官,并且被授予同大名誉教授及同大人文科学研究所名誉所员的称号。

研究业绩

研究的重心主要为中国近世近代的思想史,主著为‘中国における近代思惟の挫折’(1949年),考究明代阳明学(明学・王学)思想和意义。该书在当时学界并没有太大回响,日后却被视为中国近世・近代思想史的先駆研究。

他把近代自欧洲而来的影响运用在中国思想界研究的展开上,著有‘中国革命の先駆者たち’(1965年)和‘新儒家哲学について-熊十力の哲学’(1987年)。

また、阳明学の前提として朱子学を捉え、その研究成果として‘大学・中庸’(1967年。訳・注解)や入门书‘朱子学と阳明学’(1967年)を著した。

著书

※学术论文は、ほぼ以下の书物に所収。

  • ‘中国における近代思惟の挫折’ (筑摩书房、1949年 改订版1970年、新版1986年/平凡社东洋文库 上下 井上进补注・解说 2003年) ISBN 978-4582807165 & ISBN 978-4582807189 
  • ‘中国革命の先駆者たち’ (筑摩书房〈筑摩丛书〉 初版1965年、新版1985年)
  • 朱子学阳明学’ (岩波新书 初版1967年)-口述笔记をまとめた著作 ISBN 978-4004120285
  • 王阳明集 中国文明选6’ (朝日新闻社、1975年)
  • ‘隠者の尊重-中国の历史哲学’ (筑摩书房、1997年) ISBN 978-4480842039
  • ‘中国の伝统思想’ (みすず书房、2001年) ISBN 978-4622031116
  • ‘中国思想史の研究’ (京都大学学术出版会、2002年 新版2005年) ISBN 978-4876985241

共编

  • ‘辛亥革命の思想’小野信尔共编 筑摩丛书、1968
  • ‘辛亥革命の研究’小野川秀美共编 筑摩书房 1978

翻译

  • 中江兆民‘三酔人経纶问答’桑原武夫共訳・校注 岩波文库 1965、ワイド版2007
  • 大学中庸 中国古典选4’ (朝日新闻社 1967/朝日文库(上下) 1978) ISBN 978-4022601063 & ISBN 978-4022601070
  • 孙文“三民主义”‘世界の名著64 孙文・毛沢东’中央公论社、1969
  • 宫崎滔天‘三十三年の梦’近藤秀树 共校注 岩波文库、1993
  • ‘三浦梅园自然哲学论集’尾形纯男共编注訳 岩波文库、1998
  • 丁文江・赵豊田编‘梁启超年谱长编’全5巻 岩波书店 2004。编訳者の一人

参考来源

  1. ^ 岛田 虔次 シマダ ケンジ20世纪日本人名事典.[2004](日语)

本页面最后更新于2021-05-12 22:45,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器